ITパスポートの試験内容は?難易度と勉強方法を解説!

contact@meril.co.jp
記事内に商品プロモーションを含みます。

ITの世界に興味はあるけど、どうやって知識を身につけたらいいのかわからないという人は多いです。ITパスポート試験は、IT業界の基礎を学ぶのに最適です。しかし、具体的な試験内容を知らないと、見当違いな対策をしてしまう可能性が高くなります。

この記事では、ITパスポートの試験の内容から勉強方法までを包括的に解説します。初心者でも理解しやすいように工夫しましたので、最後までご覧ください。記事を読み終えるころには、ITパスポート試験合格への自信がついて、IT業界への一歩を踏み出す準備ができます

ITパスポート試験の具体的な出題内容

ITパスポート試験の具体的な出題内容

ITパスポート試験は、情報技術の基礎知識や理解を測るための試験です。幅広い範囲から出題されるため、対策をしっかりしておく必要があります。ITパスポート試験では、以下3つのカテゴリーについて問われます。

  • ストラテジ系
  • マネジメント系
  • テクノロジ系

ストラテジ系

ストラテジ系の内容は、企業が情報技術を活用して競争力を高めるための戦略に関する理解が必要です。具体的に理解が求められる内容は以下のとおり。

  • 企業のビジネスモデル
  • 企業と情報システムの関連性
  • 情報資産を守るためのセキュリティ
  • リスクマネジメント
  • 情報の利活用に関する法律
  • IT投資の効果測定と投資判断

単純なビジネスモデルや情報システムだけでなく、関連する法規制や企業倫理に関する基礎知識も不可欠です。個人情報保護法や著作権法など、情報の適切な利用を守る法律への理解が求められます。プロジェクトマネジメントの手法やシステム開発の進め方についての知識も、重要なポイントとされています。

ストラテジ系は、経営層が直面する課題についての理解を深められる分野です。情報技術をビジネスで効果的に活用するための基盤を学べるため、重要な分野といえるでしょう。

マネジメント系

マネジメント系

マネジメント系では、リーダーシップやチームワークといった人材管理の知識が必要です。具体的に理解が求められる内容は以下のとおりです。

  • マネジメントの基礎
  • ファイナンスの基礎
  • 経営戦略の立案
  • 情報システムの開発
  • サプライチェーン管理
  • システム投資の評価方法
  • クオリティマネジメント
  • ヒューマンリソースマネジメント
  • マーケティングの基本
  • ITサービスマネジメント

さまざまな管理業務に関連する基礎知識が問われ、ビジネスの現場で即戦力となるための土台を固められます。情報システムの開発や運用に関する知識はIT業界において特に重要です。サプライチェーンや情報セキュリティの管理も、効率的な業務プロセスと企業の安全を守るために欠かせません。

変化の激しいビジネス環境に柔軟に対応し、あなた自身と企業価値を高めるために役立ちます。

テクノロジ系

ITパスポート試験で問われるテクノロジ系の範囲は、ITの基礎技術に関する知識が中心です。具体的に理解が求められる内容は以下のとおりです。

  • ハードウェアの基礎知識
  • ソフトウェアの基礎知識
  • ネットワークの構成
  • インターネットに関する技術
  • データベースの基本
  • 情報セキュリティの基礎
  • ITのトレンドや新技術

メインとして理解すべきポイントは、コンピュータのハードウェアやソフトウェアの基本概念になります。具体的には、PCやサーバーなどのデバイスの構造や機能、アプリケーションの役割についての知識が必要です。ネットワークの基本概念もテクノロジ系の重要なテーマです。

LANやWANといったネットワークの種類、インターネットの構造、通信プロトコルに関する知識が含まれます。データベースの基本機能やSQLによるデータ操作も試験対象となります。現代社会においては、情報セキュリティの知識も不可欠です。個人情報保護や情報漏洩対策に関する基礎的な理解が求められます。

ITトレンドと新技術に関する最新動向を知ることで、情報技術の進化への理解も深まります。実務で直結する基礎的な知識が多く含まれているため、試験だけでなく日常生活でも役立てられる場面が多いです。
» ITパスポート試験の申し込み方法!

ITパスポートの試験形式と合格基準

ITパスポートの試験形式と合格基準

ITパスポートの試験形式と合格基準について解説します。

試験の形式

試験は4択の小問が100問出題されます。各分野ごとの問題数は以下のとおりです。

  • ストラテジ系35問
  • マネジメント系20問
  • テクノロジ系45問

ITパスポート試験の試験時間は120分と設定されています。4択問題を100問答えるだけのスピードが求められます。マークシート式ではありますが、確認時間を考えて1問あたり1分以内で解答できるのがベストです。テンポ良く解答できるように事前の勉強をしっかりしておきましょう
» ITパスポートの試験時間の管理方法を解説

試験の合格基準

ITパスポートはストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系のそれぞれで1,000点満点中300点以上が必要です。総合点での評価もあり、1,000点満点中600点以上の点数も必要になります。1つの分野のみを極めても合格できないため、バランス良く勉強しましょう。

記述こそありませんが試験時間が120分のため、過去問題集を繰り返し解いて人に説明できるレベルに仕上げる必要があります。

ITパスポート試験の難易度

ITパスポート試験の難易度

ITパスポート試験の難易度について、以下2つの観点で解説します。

  • 合格率と市場の評価
  • 初心者でも取得可能か

» ITパスポート試験の難易度

合格率と市場の評価

ITパスポート試験は、基礎レベルの資格試験のため合格率は高いです。合格率は50%前後です。正式な合格率は情報処理推進機構(IPA)の公式サイトで確認できます。
»情報処理推進機構(外部サイト)

企業によっては、ITパスポートの保持を入社条件の1つとして求める場合もあります。しかし、多くの企業からは試験に合格していても、基礎知識くらいはあるという認識で留まることが多いです。IT業界での就職や転職において、圧倒的な有利を取れるわけではない点に注意しましょう。

初心者でも取得可能か

ITパスポート試験は初級レベルに設計されているため、初心者でも取得可能です。IT業界が未経験の方でもしっかり学習すれば十分に対応できるので、安心して受験してください。

試験範囲は広く感じられるかもしれませんが、合格ラインを越えられるかどうかが大事です。効果的な勉強方法を身につければ、深い専門知識は求められません。薄く広くITの基礎知識を身につけるのがコツです。効率良く学習を進められれば、試験に臨む準備をしっかり整えられます。重要なのは、網羅的な勉強を継続することです。

ITパスポート試験の勉強方法

ITパスポート試験の勉強方法

ITパスポート試験の勉強方法は以下の3つがあります。

  • 参考書と問題集
  • オンライン教材とアプリ
  • 無料の学習教材

参考書と問題集

ITパスポート試験の勉強方法として最もメジャーなのは、参考書と問題集の活用です。数多くの教材が存在する中、自分に最適なものを選ぶことで効率的な学習が可能になります。初心者であれば「いちばんやさしい ITパスポート 絶対合格の教科書+出る順問題集」が基礎知識の理解を助けてくれるため、おすすめです。

ITパスポート パーフェクトラーニング過去問題集」は詳細な解説と模擬問題があるため、基礎学習が終わった後の実践に最適です。最新の過去問題集を利用すると、出題傾向を掴みやすくなります。選ぶ教材によっては、戦略的な学習や短期間での合格を目指せます。自分の学習スタイルや目標に合わせた選択が大切です。

大手予備校の教材も利用する価値があります。体系的なカリキュラムの構成がされているため、効果的に学習を進めることが可能です。

オンライン教材とアプリ

オンライン教材とアプリ

オンライン教材とアプリは、ITパスポート試験の勉強に有効となります。主なメリットは、豊富なコンテンツが提供されている点です。自分の都合に合わせて手軽に学習を進められます。参考書や問題集と違って、理解を深めるための動画が提供されている場合もあります。

スマートフォンやタブレット用のアプリを活用した教材も有効です。移動中などの隙間の時間まで活用できるのがメリットです。定期的に更新される教材やアプリを選ぶことで、最新の試験情報や出題傾向に合わせた学習ができます。

実際の試験形式でトレーニングができる練習問題や模擬試験も利用して、幅広い問題に対応できるようになりましょう。進捗管理機能が備わっている場合も多く、自分の学習状況を把握しやすいのが特徴です。多くのオンライン教材は有料ですが、無料で利用できるものも存在します。

費用をかけずに学習を始めたい場合は、まず無料で使えるものを試してから有料に切り替えるのがおすすめです。

無料の学習教材

初心者の方には、経済的な負担が少なく、自分のペースで学べる無料の学習リソースもおすすめです。最新の出題傾向を把握するため、公式サイトで提供されているサンプル問題を解いてみるのが良いでしょう。ITパスポート試験を実施している情報処理推進機構(IPA)には、過去に出題した問題が解ける場所があります。

試験の形式や難易度に触れられるため、どのレベルの知識が問われるか事前に把握することが可能です。YouTubeには、試験対策を専門に解説するチャンネルもあります。動画で学ぶことで、試験のイメージを掴みやすくなるでしょう。

プログラミングを学びたい方は、Codecademyなどのプラットフォームで無料コースを受けられます。edXCourseraなど、オンラインで多くの教育機関や非営利団体が提供する無料コースがあるので、活用してみてください。ITに関するブログやフォーラムでも、最新のトピックや実用的な知識を得られます。

メーカーや企業が提供する無料のウェビナーやホワイトペーパーを活用すると、専門知識を深められます。スマートフォンを持っている方は、ITパスポート試験対策アプリをダウンロードし、隙間時間を利用して勉強するのも効果的です。

ITパスポート試験は問われる知識の分野が広いです。無料リソースを活用する場合は、ジャンルごとに無料で学べる教材を駆使する必要があります。無料版で物足りないと感じた場合は、先に挙げた参考書やオンライン教材などにお金を払って深く学んでみてください。

まとめ

ITパスポート試験は、ストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系から幅広く出題されます。ストラテジ系の内容は、企業が情報技術を活用して競争力を高めるための戦略に関する理解が必要です。単純なビジネスモデルや情報システムだけでなく、関連する法規制や企業倫理に関する基礎知識が問われます。

個人情報保護法や著作権法など、法律への理解も求められます。プロジェクトマネジメントの手法やシステム開発の進め方についての知識も必要です。マネジメント系では、リーダーシップやチームワークといった人材管理の知識が必要です。管理業務に関連する基礎知識が問われるため、ビジネスで即戦力となる土台が固められます

情報システムの開発や運用に関する知識は、IT業界で重要です。サプライチェーンや情報セキュリティの管理についても学んでおきましょう。テクノロジ系の範囲は、ITの基礎技術に関する知識が中心です。理解すべきポイントは、コンピュータのハードウェアやソフトウェアの基本概念になります。

具体的には、PCやサーバーなどのデバイスの構造や機能だけでなく、アプリケーションの役割について理解が必要です。ITパスポート試験は、多肢選択式なので記述による解答は不要です。しかし、制限時間内に100問の解答が必要なので、テンポよく答えられるスピードが求められます

問題数としては、テクノロジ系が100問中45問と多めなので、重点を置いて勉強するのがおすすめです。合格率は毎回50%前後と比較的高いことから、初心者でも取得を目指しやすい試験と言えます。合格するためには、ストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系のそれぞれで1,000点満点中300点以上が必要です。

総合点では、1,000点満点中600点以上の点数も必要になります。1つの分野だけが得意でも合格はできないため、バランス良く勉強することが重要です。効率よく学習を進めるためには、参考書や問題集の活用がおすすめ。オンライン教材や無料の学習教材もあるため、自分に合った勉強方法を継続することが重要です。

ただし、無料教材の場合は、複数の分野で無料のコンテンツを探す必要があるため、手間がかかるデメリットがあります。手間を減らして学習したい場合は、参考書やオンライン教材の活用がおすすめです。適切な勉強方法を選び、コツコツと学習を積み重ねることで、ITパスポート試験の合格への道が開けます。

ABOUT ME
マコ
マコ
金融機関に12年勤務。ITパスポート資格の他にAFPや簿記なども保有。
記事URLをコピーしました